黒酢の選び方とポイント

黒酢を選ぶ時、どのような黒酢を選ぶのがいいのでしょうか?

 

作り方によってまったく違う

「黒酢」には幾つかの作り方があり、それによって発酵・熟成の期間も違い、栄養の含有量もまったく違ってきます。

黒酢は作り方によってまったく違う

通気発酵法(深部発酵法)や静置発酵法(表面発酵法)などは、いわゆる工場の中で発酵・熟成を行い、とても短期間で作られるタイプのもの。多く量産されている「黒酢」はこのような方法で作られているものがほとんどです。価格は一般の米酢の3〜4倍程度なので伝統的な製法による「黒酢」よりは安価となります。

 

しかしこのようなタイプの「黒酢」は屋外で時間を掛けて作る、伝統の醸造法による「黒酢」に比べてアミノ酸の含有量にも大きな違いも。アミノ酸の含有量やさまざまな栄養素は、発酵・熟成に半年過ぎるころから急激に増えると言われています。
また発酵・熟成がしっかり期間をかけることによって増えると言われている、強力な抗酸化力を持つメラノイジンなどの含有量も、製法によってまったく違うことになるのです。
また味わいも製造法によって全く違い、やはり伝統の製法による「黒酢」が一番美味しいと言われています。

 

自然の中で伝統の製法によって作られた「黒酢」がおすすめ

やはり健康のためにサプリやサプリ感覚で摂取する場合も、料理に使う場合も、「黒酢」を選ぶなら自然の中で伝統の製法によって作られた「黒酢」がおすすめです。また壺で作る伝統の製法による「黒酢」は、ほとんど南九州で作られています。特に鹿児島県霧島市福山町は「黒酢」の発祥地。

 

「黒酢」のブランドでもある福山町では、伝統の製法で「黒酢」を作っている醸造所がいくつもあります。また、それぞれ発酵・熟成の期間などは多少違うところもあるようです。また同じ醸造所でも発酵・熟成の期間の違う「1年物」、「3年物」などのタイプがある場合も。できれば発酵・熟成は1年以上のものが理想ですが、せめてアミノ酸量がグッと増える6カ月以上のものを選ぶようにしましょう。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら