黒酢の苦手な人

気楽にしっかり摂取

黒酢の苦手な人

黒酢が苦手でも、特に中年期においては、健康のために是非摂ってほしい食品です。食事にも黒酢をできるだけ加えたいところですが、1日に摂取したい酢の分量は約大さじ3杯。毎日黒酢をそれだけ食べるのは、苦手な人にとっては苦痛以外のなにものでもないはず。
どんなに体に良いものでも、苦手なものを摂ることはストレスにつながります。また胃の弱い人などは、お酢が体質に合わないと感じるかも知れません。そのため黒酢が苦手な人は、無理せずに臭いや酸味を気にせずに摂取できる、カプセル入り黒酢サプリメントを利用しましょう。また食後30分以内に飲むことで刺激も気にすることはありません

 

もちろん、もし自分が美味しく食べられる方法があれば、できるだけ食事に黒酢を加えることも是非考えましょう。理想的な量を摂れないときには、カプセル入り黒酢サプリメントでの補給がおすすめ。「しっかり必要量を摂らなくちゃ」とか「サプリだけでいい」というふう決めずに、美味しく食べられる方法があれば意識的に食べながら、サプリメントからもしっかり補給すればいいのではないでしょうか。

 

黒酢が苦手な人に食べやすい方法

黒酢が苦手な人の多くは、お酢自体が好きでない人が多いようです。つまり酸味に弱い人が多いので、料理に使うときには甘みを少し強めにすると美味しく食べられます。一般のお酢より黒酢の方が酸味も臭いも、見た目よりずっとまろやか。例えば甘辛い酢豚のタレなども黒酢を使うと抜群です。

 

和食の酢の物にも黒酢を使い、少し甘めにするとお酢が苦手な人も美味しく食べられます。 他にも大根と鶏肉の甘辛煮の中に黒酢を少し入れてみましょう。煮物自体には黒酢が入っている感じは一切なく、鶏肉の脂っこさがさっぱりした食べやすい煮物になります。片手鍋の煮物に対して大さじ3杯程度の黒酢を入れても、まったく黒酢を入れた感じはありません。

 

またポテトサラダを作るときに、ジャガイモをゆでて潰したところに少し黒酢を入れて、マヨネーズで和えるとプロの味に。タマネギのスライスやハム、ゆで卵、キュウリ薄切りなどを入れると、より美味しくなります。黒酢1に対しオリーブオイル2、すったタマネギ適量、塩胡椒で美味しいドレッシングに。黒酢が苦手な人にもおすすめです。

 

そしてイカゲソに、小麦粉を付けて素揚げ。タマネギのスライスと黒酢と砂糖、少々の醤油で漬けだれを作り、イカゲソの素揚げを漬けだれに入れれば簡単に南蛮漬けが出来上がり。少し甘めにすれば黒酢が苦手な人でも美味しく食べられます。しっかり黒酢を摂取することができる料理法の1つです。イカゲソの代わりにイワシやアジの素揚げでも美味しくできます。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら