黒酢の産地について

「黒酢」のブランド生産地

「黒酢」と言えば中国から日本に来た商人から、当時中国や朝鮮半島との貿易で賑わっていた鹿児島県霧島市福山町の豪商に伝えられたことが、「黒酢」の始まりでした。そのため鹿児島県霧島市福山町が「黒酢」の誕生の地と言われるようになったのです。

黒酢のブランド生産地

 

福山町の米、わき水、壺、そして素晴らしい技術と「黒酢」醸造に合った環境によって、素晴らしい質の高い「黒酢」が作られてきました。現在でも「黒酢」と言えば、鹿児島県霧島市福山町がブランドとなっており、今でも福山町にはたくさんの「黒酢」醸造所が存在しています。

 

産地はいろいろ

しかし実際には歴史とともに近隣の南九州のさまざまな場所でも、伝統の作り方を守った「黒酢」の醸造所が広がっていきました。宮崎県にも伝統の「黒酢」をつくる醸造所も存在。ただし発酵・醸造の期間が短いものや、小麦や大麦を材料として使ったもの、伝統の作り方ではなく量産できる工場でつくった「黒酢」も、全国でつくられています。そのため今の法律内で「黒酢」と言えるものは、さまざまな産地があるということになるのです。もし伝統の醸造法で「黒酢」職人によって作られた「黒酢」を求めるなら、やはり生産地だけでなく醸造法もチェックすべきではないでしょうか。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら

黒酢の産地|黒酢にんにくサプリ記事一覧

鹿児島県霧島市福山町の黒酢江戸時代に「黒酢」が中国の商人から作り方を伝授された、現在の鹿児島県霧島市福山町の豪商が作り出したのが「黒酢」の始まりです。特にこの地は美味しい米、鹿児島県でも有数のわき水、薩摩焼きの壺。そして南九州の温暖な気候と、霧島からの吹き下ろしによって昼夜の寒暖の差など、「黒酢」作りには最適な環境でもあったのです。今で言う政府の意向もあって、「黒酢」は鹿児島県の宝として生産を増や...