黒酢の栄養について

「黒酢」に含まれるアミノ酸

「黒酢」の特徴の1つとして、アミノ酸が豊富だということが挙げられます。私たちが生きていく上で20種類のアミノ酸が必要だと言われており、どれが不足しても体の不調にもつながると言われています。アミノ酸が豊富に含まれていることは、「黒酢」の人気の、大きな理由ではないでしょうか。

 

黒酢に含まれるアミノ酸

アミノ酸には体内で作ることのできる非必須アミノ酸と、体内で作ることができず食品から摂取しなければならない必須アミノ酸が豊富に含まれています
バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジンの9種類の必須アミノ酸のうち、「黒酢」にはスレオニンを除く8種類の必須アミノ酸が含まれています。
また非必須アミノ酸のアラニン、アルギニン、グルタミン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、チロシン、アスパラギン、グリシン、セリンなども含有されています。

 

「黒酢」に含まれるアミノ酸一覧

トリプトファン セロトニンの原料として生成をサポート。

精神の安定、安眠をサポート。

リジン 肝機能アップや免疫力アップ、

カルシウム吸収量アップなどをサポート。

メチオニン 免疫システムに深く関わり、

肝機能のサポート。

フェニルアラニン 神経物質として働く。

精神安定、食欲抑制をサポート。

バリン 筋肉の代謝や、タンパク質合成をサポート。
イソロイシン 成長促進、血管や神経の働きをサポート。

疲労回復をサポート。

ヒスチジン 神経機能サポート、関節炎予防、

ストレス低減サポート。

アルギニン 血管広げ、血流促進サポート。

血液サラサラサポート。

BACC(バリン、ロイシン、イソロイシン) 運動持久力アップ、疲労軽減サポート。
アスパラギン エネルギー生産効率促進サポート。
システン 免疫力アップサポート。
テアニン 免疫力アップサポート。
グリシン 免疫力アップサポート。
グルタミン酸 尿排出サポート。
アラニン 血液サラサラサポート。

「黒酢」に含まれているビタミン

「黒酢」にはビタミンB2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などのビタミンも含まれています。ビタミンは不足すると、体の様々な部分でのコントロールが乱れ、トラブルにつながることもあります。

 

「黒酢」に含まれているビタミン一覧

ビタミンB2 糖質代謝と脂質代謝の補酵素となる。
ビタミンB6 アミノ酸代謝と神経伝達物質の補酵素。
ナイアシン 糖代謝、脂質代謝、アミノ酸代謝の補酵素。
パントテン酸 コエンザイムQ10の構成成分。

糖質、脂質代謝の補酵素。

葉酸 アミノ酸代謝、核酸代謝の補酵素。

「黒酢」に含まれるミネラル

カルシウムやカリウム、マグネシウム、鉄、リンが含まれています。

 

「黒酢」に含まれるミネラル一覧
カルシウム 骨や歯を形成する。
カリウム ナトリウムを排出する働きがある。
マグネシウム リン、カルシウムと一緒に骨を作る。
リン カルシウムとともに骨を作る。DNA、RNAの成分。
赤血球を作る成分。

 

「黒酢」に含まれる有機酸

クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、乳酸、グリコン酸、酒石酸など約16種類有機酸が含有。殺菌力が高く、またクエン酸などは疲れたときに発生する乳酸を分解する働きも。カルシウムの吸収を高めたり体の環境を整えることにも働きます。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら