黒酢にんにくレシピ一例

鶏肉手羽中や手羽先甘酢煮

鶏肉の手羽中や手羽先を甘辛く煮ます。そのときに「黒酢にんにく」の「にんにく」部分を包丁でたたきつぶしたものを適量入れ、煮汁には「黒酢」部分を大さじ2程度入れて煮込みます。照りも良く肉も軟らかくなり、さっぱりした風味の甘辛煮となります。特に手羽中や手羽先は少しこってりしているので、酸味が少し入ることですっきりした味わいに。

 

酢鶏炒め

いわゆる酢豚の鶏バージョンです。油分を減らしたい人におすすめ。酢豚は豚を油で揚げますが、酢鶏の場合は鶏肉を適度にカットして小麦粉をまぶし、フライパンでカリッと焼きます。タマネギやピーマン、人参などを大きめに切ってザッと炒めておき、最後に焼いた鶏肉を入れて合わせます。
水、「黒酢にんにく」の黒酢部分、砂糖、醤油、ケチャップを大体同量混ぜ合わせ、味を調えたら片栗粉も少量入れて混ぜ合わせ、最後に野菜と鶏肉の合わせた物に絡ませましょう。このとき「黒酢にんにく」の「にんにく」も丸のまま入れてもOKです。

 

餃子に利用

餃子の中身には「黒酢にんにく」の「にんにく」部分を使い、「黒酢」部分は餃子を食べるときに付け汁として醤油やラー油をプラスして使いましょう。にんにく風味の美味しい「にんにく」タレになります。もちろん手作り餃子にもコクがプラスされ美味しくなります。

 

セロリとかまぼこ炒め

セロリを斜め切りに薄く切り、同じような大きさにかまぼこを切ってごま油で炒めます。仕上がりに「黒酢にんにく」の「にんにく」部分のみじん切りと、「黒酢」の部分と砂糖を大さじ1、醤油小さじ1程度を混ぜ合わせたものを入れます。とろみを付けてもOK。セロリの香りがさっぱりした、さわやかな炒め物になります。

 

トマトサラダ

トマトをスライスして皿に並べます。「黒酢にんにく」の「にんにく」をみじん切りにして、「黒酢」部分とごま油を適量合わせて、中華風ドレッシングを作ります。トマトにサーッとかければOK。アボガドにも是非おすすめです。

 

サーモンサラダ

サーモンの薄切りとキューリの薄切りを皿に綺麗に敷き、その上から「黒酢にんにく」と醤油とオリーブオイルを適量プラスしたものをドレッシングに。サーモンとも「黒酢にんにく」はぴったりです。

管理栄養士の一言コラム

にんにくのレシピについて

管理栄養士の一言コラム

にんにくは色々な料理の隠し味にぴったりの食材です。コクを出したり、食材の旨味を引き出して、料理をさらに美味しくしてくれますよ。炒める時に使ったり、下味をつけたり、チップにしたりと、使い方は様々なので、自分の好きな食べ方で食べるのが一番ですね。

にんにくに含まれているアリシンは、ビタミンB1と結びついて、より効力を増しますが、このビタミンB1が多く含まれる食品は、豚肉です。
ビタミンB1は、糖質の代謝に欠かせない栄養素であり、炭水化物に偏りがちな食事の時は必要量が増します。日本人はよく「ご飯」を食べますので、ビタミンB1は不足のないように摂ってほしい栄養素です。
ご飯の多くなりがちな、カレーライスの時は豚肉を使ったり、豚丼にはほんのちょこっとのにんにくを、隠し味として使ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら