黒酢にんにくの食べ方

「黒酢にんにく」の「にんにく」部分の食べ方

「黒酢にんにく」は最低でも1カ月は発酵・熟成しておく必要があります。その時期が終わっても結構「にんにく」をつけ込んだままにしている人も多いようです。しかしつけ込んでおくと腐敗の原因になったり、「にんにく」もふにゃふにゃになってしまいます。そのため「黒酢にんにく」のエキスを飲み始めたら、「にんにく」もどんどん食べるようにしましょう。
「にんにく」を取り出し、適当にみじん切りにして肉料理などに入れるとコクが出て美味しくなります。
たとえばスライスにした「にんにく」をフライパンに入れ、醤油と酒、バターを適量入れて煮立たせれば美味しいステーキソースにしたり、他にもそのままカレーを煮込む段階から入れてしまい、ひと味コクのあるカレーにするなど料理などに利用できるのが楽しみの一つにもなります。

 

「黒酢にんにく」の「黒酢」の飲み方

「黒酢にんにく」の「黒酢」の部分は「にんにく」の成分と一緒になっているので臭いも強く、「黒酢」の酸味もあるので飲み方も工夫したいもの。また食事中や食後でない場合は、何か少しお腹に入れて胃の負担を軽くする必要があります。
そこでおやつの時間にクッキーなどちょっとつまみながら、炭酸や冷たい水で「黒酢にんにく」を薄めて飲むのもおすすめです。温かいお湯で薄めると体も温まりますが、「にんにく」の臭いと酸味が引き立ってしまうので、苦手な人にはおすすめできません。胃の弱い人は食事中や食後に、多めの水に薄めて飲みましょう。

 

「黒酢にんにく」を食べるタイミング

黒酢にんにくの臭い

「黒酢にんにく」の液体部分を飲んだり「にんにく」を食べたりするタイミングは重要です。まず手作り「黒酢にんにく」の場合は、サプリと違い相当臭いが強くなります。そのため、これから外出するというときにはおすすめできません。「にんにく」を使った料理を食べたときより、臭いはきついと考えておきましょう。そのためできれば夜に食べるのがおすすめです。
また「黒酢」や生の「にんにく」は胃に負担が大きいので、食事中や食後30分以内、胃に食べ物が入っているときに食べるようにしましょう。また吸収率の面から考えても、食事中や食後30分以内がおすすめです。

 

「黒酢にんにく」の臭いを消す

「黒酢にんにく」を摂取した後に、人と会ったり外出することはできるだけ避けたいものですが、どうしてもというときには、臭いを消す方法を覚えておきましょう。まず口の中に「にんにく」の臭い成分が残っている場合と、胃の中から臭ってくる場合があります。そのため口の中をすすいだり、歯磨きをすることは基本と考えましょう。臭い成分のアリシンの臭いを抑える働きは緑茶や牛乳にあります。牛乳のタンパク質がアリシンの臭いを抑え、お茶の中のカテキンが臭いを抑えてくれますから飲んでみましょう。またリンゴのポリフェノールもアリシンの臭いを押せるので、リンゴを一切れ食べるのもおすすめです。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら