にんにく注射とは

にんにく注射は「にんにく」ではない

にんにく注射

まず最初に知っておいて欲しいことは、にんにく注射には「にんにく」は使われていないということです。にんにく注射の主成分はビタミンB群、特にビタミンB1、B2、B6、B12。そしてビタミンCやL-ステインなどのアミノ酸が主に配合されている注射のことを言います。
ビタミンB1に含まれている硫化アリルという物質の臭いが、にんにくの臭いにとても似ていることと、パワーアップ効果があるという2つの理由から、にんにく注射と言われるようになったのです。

 

にんにく注射の効能について

にんにく注射を打つことで、血流が活性化することから新陳代謝が高まり、それによってビタミンが全身に運ばれます。ビタミンB1によって糖代謝が始まるため、疲労回復やパワーアップを短時間で感じることができます。そのため、今すぐエネルギーチャージしたいというときにおすすめです。またビタミンB1が溜まった乳酸を燃やすこともあり、より疲労を回復したと感じられます。
また肩こり、頭痛、夏ばて、怠さ、冷え性などにも良い影響があるため、女性にとっては美容にもおすすめと言えるのです。スポーツ選手などは随分以前から使用している人が多く、そこから一般の人にも広がるようになりました。週に2〜3回定期的に打っている選手もいるようです。費用は大体1回2000円〜3000円と言われており、病院によって多少差があるようです。

 

にんにく注射に対する医師らの考え方

疲れを急速に取るということでは多くの医師が認めており、多くの病院で扱っていますが、実は実際に家族や友達が打ちたいと言った場合どう思うのか。そんなアンケートを100人の医師に採ったところ59%の医師が必要ないので反対という答えを出したのです。
その理由としては、

  • 「きちんと食事と睡眠を取れば打つ必要はない」
  • 「そこまでする必要はない」
  • 「豚肉や豆などを摂ればそんなに不足することはない」

などが反対の主な理由だったと言われています。これは公式なアンケートではありませんが、このようなことから普通の生活をしていれば、そんなに必要はないという意見を持っている医師も結構いるとのことが分かります。
逆に言うと、毎日の睡眠や食事はとても重要だということも言えそうです。しかし睡眠や食事が何かの具合で思ったように取れなかったり、あと一歩頑張らなければならないときには、にんにく注射は強い味方と言えます。ただし、にんにく注射を打つことで食事や睡眠をおろそかにしてはいけないことも、忘れてはいけないことです。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら