にんにくの臭いの元は?

にんにくの臭いの元

「にんにく」の臭いの元は、にんにくに含まれているアリインという成分で、「にんにく」を切ったりすったりして細胞が潰れると、アリイナーゼという酵素によってアリシンに変換されます。この嫌われがちな臭い成分であるアリシンこそ「にんにく」最大の魅力的な成分です。加熱をするとイオウ化合物に変化し、臭いはグーンと減ります。栄養はそれほど変化しないので、いろいろな健康に対する作用は同様に期待できます。他にもこれらの臭い成分が含まれている野菜に、タマネギ、ニラ、長ネギなどがありますが臭いも成分量もダントツなのはやっぱり「にんにく」です。

 

「にんにく」の臭いはしつこい

「にんにく」の臭いは歯ブラシをしてもなかなかすっきり取れません。特に「にんにく」の臭いは15時間保持され、完全に消えるのに2日かかると言われるほどです。またアリシンを摂取すると、その成分は吸収されて血液の中に入り肺にも運ばれます。そのため口の中の臭いだけでなく、肺から出る息にも臭いは含まれるのです。
臭いは汗などにも含まれるため「にんにく」を食べてきた人の寝室は、にんにく臭でいっぱいということも。もちろん「にんにく」は胃の中からも強い臭いを発します。そのため口だけをきれいにしても、なかなか「にんにく」の臭いは消えません。

 

臭い対策

「にんにく」の臭い対策として、まず口臭や体臭を気にするなら生の「にんにく」を避けて、加熱「にんにく」を食べるようにしましょう。生はアリシンが強く、臭いは加熱した方がずっと減ります。またポリフェノールは消臭の働きがあるので、ワイン、緑茶、ウーロン茶、チョコレート、ブルーベリー、リンゴ、葡萄などを食事中や食後に摂るようにしましょう。他にも牛乳はタンパク質が臭い成分を包み込むため、臭いをフォローできるとも言われています。

 

もちろん基本的にはしっかり歯磨きをして、口に「にんにく」のカスが残らないようすることも大切です。ガムなども臭いを消すためにおすすめですが、歯磨きせずに臭いをごまかしても効果は薄くなります。香りでごまかすなら、ガムよりアメの方がおすすめです。

 

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら

にんにくの臭いの元は?|黒酢にんにくサプリ記事一覧

「無臭にんにく」について多くの人が誤解をしていること「無臭にんにく」というネーミングも、だいぶ誤解を生んでいるように思われます。例えば栽培法の違う「にんにく」や若いうちの「にんにく」。また品種改良などによって臭いを抑えた「にんにく」などと思われているようです。「にんにく」と「無臭にんにく」の違い「無臭にんにく」は「にんにく」に比べて、臭いは確かにずっと弱くなっています。もちろん臭いがゼロということ...

世界の「にんにく」の臭いに対する意識世界の「にんにく」大量消費国では、まず基本的には「にんにく」の臭いを、臭いと感じていないようです。臭くないものは対策も不要です。「にんにく」を多く食べる国では、その国に一歩足を踏み入れるだけでも、「にんにく」の臭いを感じます。昔は日本も海外の人が日本に来ると、味噌臭いと感じていたそうです。今の日本ではまだまだ「にんにく」の臭いが町中で感じられるほど消費しておらず...