にんにくの栽培とポイント

植え付けと収穫

「にんにく」の植え付けと収穫時期を、冷涼地、中間地、暖地と分けてご紹介します。地域やその年の気候によっても変動がありますが、平均的な植え付けと収穫です。

冷涼地の場合

植え付けは大体9月初旬〜10月初旬頃、収穫は大体6月中旬〜7月中旬頃。

中間地の場合

植え付けは大体9月中旬〜10月中旬頃、収穫は大体5月下旬〜6月下旬頃。

暖地の場合

植え付けは大体10月初旬〜10月下旬頃、収穫は5月中旬〜6月初旬頃。

にんにくの植え付け

植え付け時期はとても大切で、気温が高すぎると土の中で蒸れて傷んでしまいます。逆に気温が低くなりすぎると冬の間に生育がストップしてしまい生育不良となることも。植え付け期間内に植え付ける事がポイントです。植え付け適温は10〜22度の涼しい環境がベスト。

 

種球について

種球は栽培地域の気候にあったものを使う方が失敗せず、上手に育てることができます。温かい気候地域では「壱州早生」や「遠州極早生」など。北海道や東北の寒いところでは六片が人気です。9月頃に園芸店などで販売がスタートします。
一片ずつにバラしますが傷、腐り、病変などがあるものなどはこの時点でチェックして除きます。種球は一片が7g以上の大きなものがおすすめこのとき一片ごとの皮は付けたままにしておきます。皮は土に埋め込んだときに、土の中の湿気から守る働きがあります。

 

土壌について

乾燥と酸性土壌は避け、保水性の良い弱酸性の土壌で育てます。春先には乾燥が続くこともあり、葉枯れ病などが起こりやすくなるので注意しましょう。プランタンでの栽培なら市販培養土が利用できます。また用土を作るなら赤玉7:腐葉土2.5:バーミキュライト0.5の割合で。この用土10L当たり10〜20gの石灰+10〜20gの化成肥料をプラスしてつくります。
追肥は2回しかないので、最初の土壌作りのときに完熟堆肥や化成肥料など、栄養をしっかり混ぜておきましょう。追肥については植え込み1ヶ月後に1回目、2月中旬〜3月中旬頃に1回の2回のみとなります。収穫予定の2カ月前までに2回目の追肥を終わらせることが原則です。

 

植え付けと水やり

埋める方向は「にんにく」の種球の尖りが、上になるように埋め込みます。プランタンでも畑でも6〜7p程度掘り下げて、そこに種球を上に向けて1/3程度まで安定良く埋め込みましょう。その上に土をそっとかけることで、種球の尖りが5pほど下に位置することになります。尖りを下に向けたり横に向けると芽が出ないので注意しましょう。植え込みから発芽までは用土が乾燥しないようにたっぷりと水やり。
植え付けから2週間程度で発芽し、発芽後は少し乾燥ぎみに栽培します。ただし冬に晴天が1週間も続いたときには相当乾燥するため、たっぷり水やりをしょう。3月を過ぎると気温も高くなるので、晴れの日にはたっぷり水やりをおすすめします。「にんにく」はもともと水はけの良い土を好みます。

 

脇芽と花芽摘みは忘れずに

脇芽や花芽摘みをしないと大きく成長しません。脇芽とは脇から芽が出てきた芽のことですが、主株を土の上から押さえ、脇芽だけ根から割剥がすイメージで取り除きます。花芽摘みはつぼみができたら、一番上の葉の付け根の少し上から手で折り取りましょう。花を咲かせるとエネルギーを使ってしまい、根っ子が細るため花は咲かせないようにします。

 

収穫

平均的な収穫時期は5月中旬〜6月下旬になります。30〜50%の葉先が枯れた頃が、収穫の最適なタイミングとなります。葉先が枯れても根はまだ成長を続けているため、梅雨に入ってしまうと土の中で腐ってしまうので梅雨前に収穫しましょう。収穫する日は晴天の日を選び、茎の下の方を持って引っ張ります。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら