にんにくの栄養について

「にんにく」に含まれる栄養素

「にんにく」可食部100g辺りの含有量となります。

水分 タンパク質 脂質 炭水化物
65.1g 6.0g 1.3g 26.3g
灰分 ナトリウム カリウム ビタミンB1
1.3g 9mg 530mg 0.19mg
ビタミンB6 ビタミンC 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維
1.5mg 1.0mg 3.7g 2.0g

「にんにく」の注目されている成分について

にんにくの注目成分

「にんにく」には上に記した成分の他に、アリインという成分が含まれていますが、このアリインは切ったりすったりすることで、アリナーゼという酵素に反応してアリシンという成分に変換されます。
そしてこのアリシンは酸化や加熱によって、イオウ化合物に変換されるのです。

 

イオウ化合物には、アリイン、アリシンを含むアホエン、イソチオシアネート 、硫化アリル、アリルメチルトリスルフィド、アリルメルカプタン、ジアリルスルフィド 、スルフォラファン、スコルジニン、Sアリルシステイン、ビニルジチイン、メチルスルホキシド、イソチオシアネートなど数十種類含まれていると言われています。

 

イオウ化合物が多く含まれている「にんにく」以外の野菜
アリシンを多く含む野菜 長ネギ、タマネギ、アサツキなど。
アリインを多く含む野菜 ニラ、タマネギ、長ネギなど。

イソチオシアネートを
多く含む野菜

大根、キャベツ、わさびなど。
アリシンとの結合による働き
アリシンとタンパク質 この二つの結合で消化吸収促進をサポートします。消化に時間のかかる肉を一緒に食べることによって、より消化吸収がアップ。
アリシンと脂質 アリシンと脂質の結合によってビタミンEのような働きをする脂質アリシンが生まれます。活性酸素除去作用によってサラサラをサポート。血小板凝集作用を抑える働きも。
アリシンとビタミンB6 アリシンとビタミンB6が結合することで膵臓の働きを高め、インシュリンの分泌もサポート。糖尿病予防をサポートします。
アリシンとビタミンB1 アリシンとビタミンB1の結合によってアリチアミンが誕生。ビタミンB1の働きと、それ以上の吸収力、持続力を持ち、不眠、冷え、体の環境などにも働きます。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら