にんにくの摂取方法

1日にどれぐらい食べればいいの?

にんにく1日の摂取量

「にんにく」は健康のためにも毎日食べたい食品の1つです。しかし食べ過ぎると胃を痛めたり、貧血を起こすこともあると言われています。そのため1日に食べる量は、ある程度の目安量を守りたいもの。大体1日の目安量は2〜3片と言われています。大きめの1片なら2個、小さめの1片なら3個と考えるといいのではないでしょうか。
ただし個人差があるので、食べ慣れていない人は少なめからスタートしましょう。また胃の弱い人は生の「にんにく」は刺激が強いので、加熱したものから食べるようにするといいのではないでしょうか。

 

「にんにく」の摂取法

にんにくの摂取方法

「にんにく」の摂取法としては大きく分けて2つあります。1つは料理に入れたり、ドリンクにして毎日摂取する方法。そしてもう一つはサプリとして摂取する方法があります。やはり「にんにく」の臭いが嫌いな人や、毎日の料理でしっかり必要量を取ることが難しい人はサプリがおすすめです。また新鮮で質の良い「にんにく」は価格的にも安くはないはず。やはりサプリの方がお財布には優しいと言えそうです。

 

サプリや生の「にんにく」を使う他に、乾燥にんにくを粉状にしたガーリックパウダーや、小さなみじん切りを乾燥したものも調理用として売られています。他にもスライスにした「にんにく」を乾燥した乾燥ガーリックなども。これらは調理しやすいように加工されたもので、生の「にんにく」より保存が利くので便利ですが、価格的には加工しているので高くなります。

 

臭いが気になる人は

「にんにく」の臭いが大嫌いという場合は、やはりサプリがおすすめです。しかし臭いは好きだけど口臭が気になるという場合は、ちょっと注意をするだけで気楽に食べられるはず。「にんにく」は切ったりすったりすることで、臭い成分のアリシンが生まれます。そのため「にんにく」を切ったりすったりせずに、1片をそのまま食べるようにしましょう。
とはいっても生の「にんにく」を口の中でガリガリと噛んだとたん臭い成分が爆発します。そこで例えば丸ごと油で揚げると中まで加熱されるので、臭い成分のアリシンはイオウ化合物に変化し強烈な臭いが抑えられます。またスープなどに丸のまま入れてしまえば、特に強い臭いはなくなります。
当然スライスなどを炒めてもOKですが、臭いを極力抑えるなら丸のまま加熱しましょう。ただし生と加熱した「にんにく」では少し働きの違うところもあるので、休日の前日などは生の「にんにく」も楽しむようにしたいものです。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら

にんにくの摂取方法|黒酢にんにくサプリ記事一覧

日本人の「にんにく」摂取量はまばら毎日欠かさず「にんにく」を食べている人は少ないものの、焼き肉などでガッツリ「にんにく」を食べる日もあれば、曜日によって臭いを気にしてしまい、毎日摂取できない人も多いようです。しかし健康のためには毎日摂取したいもの。「生にんにく」や「焼きにんにく」など、それぞれのメリットを知っておくと、いろいろなタイミングで美味しく食べることができるのではないでしょうか。「生にんに...