にんにくの保存方法について

まるごとの保存や、冷凍・冷蔵保存、漬け込み保存などいろいろあります。環境の良い保存場所があるか、冷蔵庫や冷凍庫の空き状態などによって、上手に使い分けて保存しましょう。

 

保存の基本

にんにくの保存方法

「にんにく」の保存の基本は、発芽させないことです。約20度程度の部屋で発芽しやすくなります。マンションのキッチンなどは、常時この環境にあるかも知れません。そこで湿気の少ない冷暗所、冷蔵庫や冷凍庫、醤油やお酒などを利用して保存していきましょう。

 

常温で保存する

「にんにく」をそのまま常温で保存するなら、通気性の良いカゴやネットに入れて風通しの良い状態にして、湿気の少ない冷暗所に置いておきましょう。北国などで保存場所が0度以下の場合は相当長く保存が利きますが、一般の地域の自宅内であれば、新鮮な状態で1〜2週間程度の保存が可能。ただし季節によってもある程度違いが出ます。大量に「にんにく」が手に入ったときには、一部他の保管方法を考えた方がいいかも知れません。

 

丸ごとの「にんにく」の保存

「にんにく」の簡単な保存法は冷蔵庫利用。「にんにく」を新聞紙にくるんで冷蔵庫で保存すると、質を落とさず保ちを良くします。チルド室があればベスト。キッチンペーパーを少しぬらした物でくるんでも代用できますが新聞紙がベストです。新鮮な状態での保存目安は1〜2カ月程度。
一片でも使ったものは、残った「にんにく」を1片ずつ薄皮まで剥いて1つずつラップに包んで、1週間程度で使うなら冷蔵庫に。もっと長く保存するなら冷凍庫に入れて保存しましょう。

 

冷凍庫で保存

冷凍庫で保存するときには一片ずつすべて薄皮まで剥いて、ジッパー付きビニール袋に入れたり、1つずつラップでしっかり包んでおきます。解凍する必要はなく、そのままスライスやみじん切りなどができます。新鮮な味わいで食べることができる保存目安は約2カ月程度。

 

すり下ろして保存

すり「にんにく」が好きな人は、最初からまとめてすっておいてから保存すると便利です。「にんにく」を下ろして、1回使用分ずつラップなどに入れて冷凍。ラップに包んだ「にんにく」は板状に薄くした状態にすると冷凍庫の隙間にもスッと入り、使うときもすぐに常温に馴染みます。忙しいときに一手間省けるのは便利です。新鮮な味わいを楽しむなら2カ月程度を目安と考えましょう。

 

漬け込み「にんにく」

大量に質の良い「にんにく」が手に入ったときなどは、漬け込み「にんにく」を作ってみてもいいのではないでしょうか。例えば「にんにく」の醤油漬けやオイル漬け、黒酢漬けなどは「にんにく」自体も料理に使えますが、醤油やオイル、黒酢などの部分もコクのある美味しい調味料として使えます。他にも蜂蜜漬けや粕漬け、味噌漬けなども。約半年〜1年程度が保存目安となります。

 

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら