にんにくって本当にスタミナつくの?

「にんにく」のスタミナアップサポートについて

「にんにく」を切ったりすったりすることで、アリインという成分からアリシンが生まれ、熱処理によってイオウ化合物に分解されます。アリシンやイオウ化合物はビタミンB1と結合してアリチアミンに変化。アリチアミンは吸収力も持続力も優れたビタミンB1のスペシャルバージョンのような成分。ビタミンB1は糖質代謝には欠かせないビタミンであり、脂質代謝やタンパク質代謝にも補酵素として代謝促進をサポートします。

にんにくスタミナアップのサポート

アリチアミンをたっぷり摂取することこそスタミナ補給、スタミナアップ、疲労回復などのサポートにつながるのです。疲れてヘロヘロになってしまったときや、もう少し頑張りたいときにも「にんにく」がしっかりスタミナアップをサポート。いくらスタミナアップに良さそうな肉や魚などをたっぷり食べても、ビタミンB1がしっかり吸収されなければスタミナの補給はできません。

 

「にんにく」自身にもビタミンB1が含まれタンパク質なども含まれているので、「にんにく」単独でもOKです。また「にんにく」に含まれるアリシンやイオウ化合物、そしてα-トコフェロールなどには強力な抗酸化作用も。それによってストレス解消にも働き、スタミナ増進や疲労回復をサポートします。

 

焼き肉から見える「にんにく」のスタミナアップについて

「にんにく」にはスタミナアップに働くと言われていますが、確かに疲れたときに「にんにく」たっぷりの焼き肉が食べたいと思うことありませんか。実はこれはとても理にかなったことなのです。
焼き肉の場合、「にんにく」を使い、ビタミンB1含有量の高い緑黄野菜やとうがらしなどを使用します。これらと同時に「にんにく」を食べることで疲労回復、スタミナ補充が十分期待できるのです。疲れたときに焼き肉が食べたくなるには、こんな秘密があったのです。

 

こんな料理もおすすめ

スタミナを付けるためなら、肉の中でもダントツにビタミンB1が含まれる豚肉がおすすめです。「にんにく」をたっぷり使ったトンテキや、生姜焼き、それにトンカツに「にんにく」のすったものを添えたものなどおすすめです。

 

 

黒酢にんにくサプリおすすめはこちら